インプラントについて

自然な感覚で食べられるインプラント

インプラントとは、無くなった歯の代わりにチタン金属の人工歯根を埋め込んで、その上に被せ物をして歯を作ることです。
30年以上の歴史がありますが、初期のころは失敗が多くありました。
しかし現在では技術も確立して成功率が飛躍的に向上しています。
当院が採用している、アストラテックインプラントシステムは成功率97.4%です。

わずかな失敗例も重度の糖尿病とかの全身疾患に起因していますので、健常者であればほとんどが失敗することはないと言えます。
インプラントの利点は、他の歯を削って入れるブリッジや取り外し式の入れ歯と違い、自分の歯と同じように食べられるという点です。
欠点としましては、すべて保険外の治療になりますので治療費が高額になるということです。