設備紹介

近年、歯科治療機器は飛躍的に進歩しています。
久保歯科医院では、常に最新の治療機器・素材・治療技術を積極的に取り入れ、一人ひとりの患者様に、最良の素材と治療技術を提供できるよう日々努力しております。

治療機器の紹介

歯科用高周波装置コスモキュア

おもに神経の治療や歯根の治療に使います。
高周波電流発生装置から出力される高周波を利用し、抜髄処置・感染根管治療における滅菌、歯周ポケット内の消毒、滅菌を行うことができます。

また、超音波振動発生装置も備え付けており、超音波スケーラーと超音波拡大、ポケット洗浄機として利用することができます。

歯科用レーザー装置

歯周病の治療や口内炎などに使います。
レーザーとは、強いエネルギーを持った単一の波長(周波数)からなる光のことです。殺人光線を連想してしまいますが、そんなことはありません。

歯科では、口内炎やメラニン着色、歯槽膿漏などの歯肉の治療や歯根の治療に使用します。
出血は殆どなく歯肉を切ったり、凝固させたり、蒸発させたりします。
その際に歯肉組織への殺菌も行なわれます。

歯科で使うレーザーは歯肉の表面0.1mm位しか光線が到達しないのでほんの少しずつ切って微妙な治療をすることができます。
歯肉組織に損傷を与えることなく、血管などすれすれまで照射することができ、しかも無出血で安全に処置することができるのです。

術後の腫れや痛みやが従来の治療方法に比べて非常に少ないのが大きな特徴です。
術後の出血もありません。

ダイアノグデントダイアグノデント

歯周病の治療や口内炎などに使います。
日本名はレーザー式歯面認識装置といいます。
歯にレーザー光を当ててその反射の度合いで虫歯か そうでないかを見分けます。
特に奥歯の溝の部分での診断に威力を発揮します。